読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐれオタクの暗中模索

はぐれオタクが仲間になりたそうにこちらをみている

広告

【ポケモン】初代からやってきた僕が選ぶ!個人的に強かったポケモン世代別ベスト10!【ダイパプラチナ編】

どうも、はぐれオタクです。

 

ポケモンって面白いですよね。

今まで、ポケモンに触れてこなかった人はいないんじゃないでしょうか?

今まで、多くの人に愛されポケモンは今まで続いてきました。

 

そして、ポケモンも20周年を向かえ。

ついに!

 

 

新作 ポケットモンスター サンムーン 

2016年11月18日(金)、世界同時発売!!

 

イェーーーーーーーイ!!!

 

実は、僕はポケモン全世代リアルタイムでやってきました。

赤緑の時は小学生の頃でした・・・非常に懐かしい・・・

純粋にポケモンを楽しんでいた少年は、今では立派なポケ廃となりました。

 

と、言うわけでですね、今回はサン・ムーンの発売を記念して!

おぼろげな記憶を引っ張り出し!

赤緑からORASまで、個人的に強かったポケモンベスト10を発表していこう!

という、結論に至ったのであります!

 

 

この、ランキングは僕の主観で決めたものです、ご了承下さい。

ここから、対人戦を意識しだしました。

あと、禁止伝説級は強くて当たり前なので省きます。

 

 

 

それではどうぞ!

 

 

ポケットモンスター ダイヤモンドパールプラチナ

【第4世代】

 

 

10位 ヨノワール                

f:id:dir7584uk:20160705161059j:plain

ヨマワルの最終進化形のポケモン

サマヨールジュペッタを差し置いて進化し更に強くなった。

防御面の能力も上昇して、 さらに、攻撃面の性能も上昇し更に戦いやすいポケモンとなりました。
と、言っても出てきたらすぐに、おにびばっかり撃ってきてた様な気がするけど。

 

 

 9位 ゴウカザル                

f:id:dir7584uk:20160705161156j:plain

ヒコザルの最終進化形のポケモンでダイパの御三家の一体。

インファイト、大文字、オーバーヒート、きあいだま等の強力なタイプ一致技に加えて、 くさむすびストーンエッジ、じしんといったサブウエポンにも恵まれている技のデパートっぷり。
さらに小技もねこだましマッハパンチ、ちょうはつ、わるだくみ、アンコール、とんぼがえりとまだまだあるよ!
素早さの種族値が108あり、上記のように技も豊富で弱点を突きやすかったが、火力に少し難があり、倒しきれずに返り討ちと言う事もよくあった。
こいつの登場でバシャーモの影が薄くなった・・・許さない。

 

 

8位 ハッサム                

f:id:dir7584uk:20160705161538p:plain

ストライクが進化したポケモン

シザークロスやアイアンヘッドの一致技や一部の技の物理化によって安定感が飛躍的に上昇しました。
タイプの強さと器用さは健在で、どのパーティでも一定以上の活躍が見込める。
特にダイパで強化された天候パーティ要員として優秀でした。
と、言うよりテクニシャンでバレパンとむしくい入れてりゃそれだけで脅威だわこいつ。

強いポケモンは基本的に更に強化するのがゲーフリのやり方です。

 

 

7位 キノガッサ                 

f:id:dir7584uk:20160705163657j:plain

キノココが進化したポケモン

害悪ポケモンその1。

命中100の催眠技「きのこのほうし」で相手を眠らせた後にみがわりをはり(先に、みがわりをはる場合もあり)その後、きあいパンチ等の高威力技を何の躊躇もなく撃ってくるポケモンでした。

この時代のこいつ、この戦法以外見たことねぇよ!

 

 

6位 トゲキッス                 

f:id:dir7584uk:20160705163143p:plain

トゲピーの最終進化形のポケモン

害悪ポケモンその2。

耐久は並以上あり特殊攻撃も高く普通に戦えるポケモンなのに、てんのめぐみ(技の追加効果が出る確率を上げる)という強力な特性を持ち。

でんじはで相手をマヒ状態にしエアスラッシュの 行動不能コンボで利用者が激増し、廃人にはトラアタキッスとかいう恐ろしく止めにくい型も出てきました。
その為、こいつが出てきたら何も考えずにでんじはくるという事は簡単に読まれる様になりスカーフやラムで対策をされる事も多くなった・・・
かと思いきやもう1つの特性「はりきり」を持った物理型、いわゆる「はりキッス」で意表を突いてくる事も。

 

こいつも、許さない・・・

 

 

5位 ソーナンス                

f:id:dir7584uk:20160705161756p:plain

害悪ポケモンその3。

かげふみ(相手はポケモンを交換できなくなる)を貰ったことで強力なハメ性能を手に入れました。
HPを筆頭に耐久が高く、技も「カウンター」と「ミラーコート」を両立できる為、対峙すれば確実に一体以上は持っていけるという破格の性能のポケモンでした。
初期は、ソーナンスソーナンスになるとお互い交代出来ないまま泥仕合になるという事もありました。
ちなみに、海外ではソーナンスは使用禁止らしいです。

 

 

4位 メタグロス                

f:id:dir7584uk:20160705161919j:plain

ダンバルの最終進化形のポケモン

 

 第三世代から更に隆盛を極めた感のあるポケモンです。

当時に、600族で唯一バレットパンチを取得したうえに、大爆発がお手軽に覚えられるようになり 、かみなりパンチやれいとうパンチが物理化したので更に強さに磨きがかかりました。
  耐久面も高いので、半減の実もあれば一致弱点でも耐えるトンでもポケモン
特殊技も従来までのサイコキネシス、新技ラスターカノン、草結び、これまで物理技扱いだった シャドーボール等バリエーションはそれなり。
本当に強かった・・・

 

 

3位 ボーマンダ                 

f:id:dir7584uk:20160705162022j:plain

タツベイの最終進化形のポケモン

ここから、ドラゴンの進撃がとまらなかった。

この、ボーマンダりゅうせいぐんげきりんを両立できるようになり、特殊と物理の種族値の高さを遺憾なく発揮してくる上に、りゅうのまいを積んでさらに突破力を上げることもでき、とくせいのいかくも相まって耐久面も優秀・・・

どこぞの、厨ポケ狩りの講師はその動画の最終回で最強のポケモンと言ってました。

「マンダは初手りゅうまいや!」

「マンダのりゅうせいぐんはつよい!」

名言ですね。

 

 

2位 ラティオス                

f:id:dir7584uk:20160705162103j:plain

りゅうせいぐんを得たことにより、高い特殊攻撃力と素早さを更にいかせるように・・・

こいつに、こだわりメガネを持たしてりゅうせいぐん撃ち逃げはこの時代のポケモンをやった人なら誰でも、やったことのある戦法でしょう。

 

 

1位 ガブリアス                

f:id:dir7584uk:20160705162152j:plain

こいつ以外ありえませんね!

攻撃力が高い、技のレパートリーが豊富、耐久も何気にあると言う事無しです。(あれ?同じ事言ったような気が・・・)

さらに、タイプ一致威力120の物理技げきりんの破壊力は凄まじいの一言。
こいつ対策に黒い猫のこおり・あくポケモンを投入するトレーナーも一時は激増していたほど。
なによりも、こいつを象徴する数字であろう、素早さ102という種族値で100族を抜けるのも大きいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上で、ダイパプラチナ編を終了します。

いかがだったでしょうか?

第4世代は、昔のように「この種族値が高ければ」や、「このタイプを持っていれば」というより、種族値の配分が優秀で、良特性持っていれば強かった時代です。

ちなみに、それは次の作品でも続きます。

さらに、ドラゴン族ですが次の作品では栄華を極めまくります。

 

 

次回は、ブラホワ(1,2)編です。

 

広告